モンスターカレンダー

« 2014年10月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

高杉晋作の長州大割拠

| コメント(0)
Shinsaku_Takasugi.jpg

画像出典:フリー百科事典ウィキペディア「高杉晋作」

幕末の志士高杉晋作は、元治元年(1864)、幕府の長州征討軍がせまる中、「長州独立国家論」を構想していた。明治維新の原点といわれる起死回生の高杉の決断にせまる。

参考:【英雄たちの選択】「高杉晋作 革命戦士が夢見た独立国家構想」

NHK-BSプレミアムの「英雄たちの選択 高杉晋作 革命戦士が夢見た独立国家構想」と「歴史秘話ヒストリア “奇兵隊”デビュー!~幕末 若者たち一発逆転の夢~」から、高杉晋作の分国思考と奇兵隊の一発逆転について考えてみます。

高杉晋作は1839年、長門国萩(現・山口県萩市)に長州藩士の長男として生まれました。破天荒な革命児のイメージがある高杉晋作ですが、代々毛利家に使えてきた重臣の家に生まれた武家のエリートなのです。高杉晋作は、黒船来航、吉田松陰との出会い、上海租界の見聞という経験を通して幕末を動かすキーマンとなります。

ちょうど上海で民衆の叛乱である太平天国の乱を経験した晋作は、帰国後、1863年の下関事件に際して、身分によらない志願兵による兵隊、奇兵隊を結成しました。身分によらない志願兵による軍隊の整備というのは、ナポレオンが結成した国民軍と同じ発想ですね。

翌1864年7月、長州藩は禁門の変で敗北し朝敵となります。さらに翌8月には前年の報復として英仏米蘭の連合艦隊が下関を砲撃。長州は惨敗します。この時、講和交渉を任されたのが当時24歳の高杉晋作でした。この時晋作は、領土の租借以外は講和条件を丸呑みし和議を結ぶ事に成功します。しかしこの時、長州討伐の勅命を受けた幕府からの第一次長州征伐軍が迫っていました。

連合国との戦争に惨敗した長州藩では幕府への恭順派が台頭し、晋作は一時福岡へ逃れます。番組の中ではこの時、高杉晋作は「長州大割拠」を構想していたと紹介しています。「長州大割拠」とは、徳川幕府による幕藩体制から離脱して、独自の政治体制をとるというものです。晋作はそれが朝敵となった長州の生き延びる道だと考えました。

しかし、ただ単に独立を宣言したところで力がなければ幕府に潰されます。そこで、下関を開港し、先だって講和を結んだイギリスなど当時の西洋列強と通商関係を結び、その後ろ盾をもって独立するというものです。これは堺を国際貿易港として硝石を輸入し、常備軍を組織した信長と同じコンセプトです。

ちなみに、長州藩の藩主は毛利ですが、毛利は秀吉と戦って講和を結び、後に豊臣五大老になりました。さきほど言いましたように明治維新の時は、長州藩は当時のイギリスに喧嘩を売って敗れ、講和を結んでイギリスの後ろ盾を得ました。それによって誕生した明治政府は、後にアメリカに宣戦して敗れ、山口出身の自民党総裁岸信介はアメリカCIAから資金提供を受け日米安保条約を締結しています。

実際には、高杉晋作が構想した長州大割拠よりも速やかにことは進み、1864年暮れに奇兵隊などを率いて挙兵すると、翌年には藩の実権を握りイギリス商人グラバーと接触。1866年には薩長同盟が結ばれ、第二次長州征伐を返り討ちにして、翌1867年には大政奉還江戸城明け渡しにいたります。高杉晋作はその半年前、大政奉還を見る事亡くこの世を去ります。享年27でした。

 

内戦が長引かずに終結したのには幕府側の事情もありました。欧米列強と対抗するには体制の改革が必要なのですが、硬直化した幕府の体制を変革することが不可能であることは、徳川慶喜自身重々承知してました。また、内戦が長引けば欧米列強の介入を招き、結局は国が疲弊し外国に支配される恐れがありました。アメリカでは南北戦争、ヨーロッパではクリミア戦争があって、列強の体制が整っていないあいだに速やかな大政奉還を決断したのです。徳川慶喜の英断と言えます。

今の日本も人口構造の問題やら産業の空洞化の問題やらでボロボロな状況です。日本の財政も破綻寸前ですが、利権構造も官僚構造も硬直化していて、変わることはできないでしょう。先がないのはわかっていても、保身のために地方や貧困層を切り捨てて延命しようとしているのが今の状況です。

そこで、地方に独自の体制を作って世界の富裕層と結び、持久体制をとることができれば、いずれ中央政府の機能が麻痺するでしょうから、自動的にそちらに中心が移るでしょう。つまり、衆院選参院選といった国政選挙よりも、統一地方選挙こそが日本の大転換にとって非常に重要な転換点になるということです。

 

  

コメントする

書籍紹介

suisobunmeikinmirai02
当サイトでも販売します.
本体価格+税1,680円
送料無料 著者サインつき